関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

イベント

建築展

第12回 建築展 13/14

第12回 建築展

日程:2014年3月18日(火)~3月23日(日)
会場:横浜赤レンガ倉庫 1号館 2F
主催:関東学院大学工学部建築学科

2014年3月18日(月)~23日(日)まで、横浜赤レンガ倉庫1号館2階を会場として、建築展が開催されます。

 

建築展とは、関東学院大学の工学部建築学科および建築・環境学部 建築・環境学科での一年間の教育・研究成果を、広く学外の方々に公開してご講評頂き、今後の教育・研究に役立てることを目的とした、本学部の最も重要なイベントです。

 

建築展は赤レンガ倉庫の開館と共に10年以上続く、伝統ある行事です。会場では建築デザインの分野だけでなく、構造、設備、生産など様々な分野の特徴を活かして、学部1年生から大学院、さらには各研究室や卒業生の作品までも含めた、幅広い活動内容を紹介します。学生が制作した図面や模型、研究論文、原寸大の家具作品などの展示に加えて、期間中には講演会や作品発表会、ワークショップなど様々なイベントを企画しています。

 

関東学院大学工学部建築学科は、2013年4月に建築・環境学部 建築・環境学科へと改組し、大きな変革の時を迎えました。今では理系だけでなく多くの文系学生も入学し、共に建築・環境学を学んでいます。我々は建築展を、建築・環境学部が目指す、新しい建築教育の姿を体現するイベントにしたいと考えています。

 

今年のテーマ『樹【ki】』

建築には、多様な「考え方、思想、理念」などがあります。それをもとに様々な「用途、空間、形」が生み出されるとともに、建築の可能性はどこまでも広がっていきます。 それはあたかも、ひとつの『樹』のようでもあります。

 

建築に関わる様々な発想を『樹』の養分と考えると、発想を吸い上げる役割を根で行い、そこから幹を上り自らの考えをまとめ、さまざまな枝や葉として表現されます。そして『樹』が多くの葉をつけるように作品も多彩となるのです。人々の考え方次第で建築には無限の広がりが生まれます。今回の建築展では、来場される方達の持っている考えや発想に、建築を重ね合わせることであなたにとっての建築とはなにかを感じてもらいたいと考えております。

 

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募