関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

イベント

建築展

第17回 建築展 18/19

日程:2019年3月13日(水)~3月19日(火)
会場:横浜赤レンガ倉庫 1号館 2階ホール
主催:関東学院大学 建築・環境学部 建築・環境学科/工学部建築学科

2019年3月13日(水)~19日(火)まで、横浜赤レンガ倉庫1号館2階ホールを会場として、第17回建築展が開催されます。
3月17日(日)は建築展と建築・環境学部のオープンキャンパスが同時開催されます(内容は本ページの下側をご確認ください)。

 

建築展とは、横浜赤レンガ倉庫を舞台として10年以上続く伝統的なイベントであり、関東学院大学 建築・環境学部 建築・環境学科の一年間の教育・研究活動を広く公開するものです。

 

展示内容はデザイン分野だけでなく、構造、環境設備、材料施工など、建築・環境学をかたちづくる様々な分野が集まります。会場には学部1年生から大学院生、さらには卒業生による建築図面や模型、研究紹介パネル、家具や絵画などが多数展示されます。
また日替わりで、ゲストを迎えての講演会や作品発表会、学生によるワークショップなど、様々なイベントが開催されます。
ご来場頂いた方々から頂いた貴重なご意見は、本学の教育・研究活動の発展に活用させていただきます。

 

今年のテーマ「つむぐ」

つむぐ」は「綿や繭(まゆ)から繊維を引き出し、よりをかけて糸にする」という意味の言葉です。「建築展」という今までつむいできた糸を 今の私たちが出来る表現でつむいでいく。「つむぐ」は過去から続いてきた 時間軸の中で「今」を表すテーマとなります。

 

「つむぐ」は「関東学院大学の歴史の繭から繊維を引き出し、建築・環境学科に関わる人々がよりをかけて一本の糸にする」という意味のテーマです。歴史のある工学部建築学科から現在の建築・環境学部となり、そしてさらに今後も発展していく私たちの活動を「つむぐ」という言葉で表現しています。学生ひとりひとりの作品が建築展でつむがれて、色のついた糸になり、その色が毎年の建築展の歴史として次の世代へ残っていくのではないかと考えています。

 

【ゲスト講演会】
講演者:建築家 妹島和世 氏 (妹島和世建築設計事務所 / SANAA)
テーマ:「環境と建築」
日時:2019年3月17日(日) 15:30~17:00
会場:赤レンガ倉庫1号館2階ホール

 

第17回建築展18/19 会場の紹介 その1
第17回建築展18/19 会場の紹介 その2

 

学生が運営する建築展紹介ページはこちら

 

春のオープンキャンパス

3月17日(日)に建築・環境学部のオープンキャンパスを赤レンガ倉庫で開催中の『建築展』と同時開催します。この『建築展』は、日本国内の建築を専門分野としている大学の中で最も盛大なイベントのひとつとして有名です。
是非、このイベントに参加・見学する事で、関東学院大学の建築・環境教育の素晴らしさを体験して下さい。
建築展の開催期間は3月13日~19日ですので、17日以外でもご参加いただけます。

 

1)日時:3月17日(水)
2)場所:横浜赤レンガ倉庫一号館二階
3)内容
①展示作品の解説ツアー
1回目:11:00-11:30、2回目:13:00-13:30、3回目14:00-14:30
  集合場所:二階エレベータ前
 ※午前・午後の全3回とも解説の内容は同じです。都合の良い回に御参加下さい。
  それ以外の時間帯でも、展示会場の見学は自由です。
②各種相談コーナー
大学での学習内容、入試方法など、ご質問にお応えします。入口で申し出ていただければ、相談コーナーにご案内し、教員がお応えいたします。
③学生の作品講評会『バーティカルレビュー』見学。
 開催時間:10:00~14:00 
  →各学年の優秀作品の発表会です。教員と学生との議論が聞けます。
『建築家/妹島和世先生の講演会』への参加。15:30-17:00。
  →世界的に有名な建築家のお話を間近で聞くことが出来ます。

 

尚、当日は、横浜市金沢区の金沢八景キャンパスでも、建築・環境学部の個別相談、見学ツアーを設けています。

過去の建築展

第16回 建築展 17/18

横浜赤レンガ倉庫を舞台として10年以上続く、伝統のイベントです。建築・環境学部の一年間の教育・研究活動の成果を広く公開します。

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募