関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築エンジニアリングコース

建築・環境学科

建築材料実験

セメント強度試験体の作製<建築材料実験>

  • Category: 建築材料実験
  • Posted by kgu4.
  • 2018/10/31

建築材料実験第3回目の授業ではセメントの強度試験を行うための供試体を作製しました。
はじめに先生より試験ならびに作製手順についての説明がありました。

20181011-1
20181011-820181011-2

今回の授業ではセメントペーストに砂を加えたモルタルを作製します。モルタルを作製する際には前回と同様に練りばちと練りさじを用います。今回の授業ではセメントペーストに砂を加えたモルタルを作製します。モルタルを作製する際には前回と同様に練りばちと練りさじを用います。

20181011-720181011-4

作製したモルタルはフロー値を測定します。フロー値を測定する際にはノギスを用いて測定を行います。ノギスを初めて使うため測り方の指導がありました。

20181011-1020181011-9

フロー値の確認を行ったモルタルとは別に供試体作製用のモルタルを再度練り混ぜます。モルタルを詰める前に型枠を組み立てます。その際の準備として水漏れ防止・脱型が行いやすいようにグリースを塗布します。班の仲間同士でどのくらいグリースを塗れば止水できるだろうかと相談する様子が多く見られました。

20181011-520181011-6

今回作製した供試体は型枠脱型後、水中養生、空中養生を行います。供試体作製の1週後、4週後に曲げ試験及び圧縮試験を行います。

SA:宮坂

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募