関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築エンジニアリングコース

建築・環境学科

建築構造実験

振動実験 <建築構造実験>

  • Category: 建築構造実験
  • Posted by kgu4.
  • 2018/01/30

第14回では、アルミフレームを用いて振動実験を行います。具体的には、自由振動実験と強制振動実験を行います。はじめに、渡部先生より実験について説明がありました。受講生が事前に求めたアルミフレームの剛性を確認しました。

 DSC_0933DSC_0935

説明の様子

自由振動実験では初期変位を1mm、2mm与えた状態で離し、アルミフレームの揺れを観測します。鋼材に1mm、2mmのスペーサーを取り付けて、初期変位を与えました。固有周期、減衰乗数を求めるために、自由振動実験を行いました。

強制振動実験では、spot、sweep、再現波にてアルミフレームに継続的に外力を与えて行いました。Spotでは1~20ヘルツの間で、1ヘルツ刻みで一定の時間揺らしました。sweepでは1~20ヘルツの間で連続的に振動数を変化させ揺らしました。13ヘルツ近傍で共振現象が起きました。再現波では実際に観測された地震波としてエルセントロ観測波(NS50%加振)を用いて揺らしました。受講生は自分たちの目で共振現象を捉え、計測から得られた波形から確認していました。

DSC_0940DSC_0946

          自由振動実験               強制振動実験

DSC_0949

波形の様子

最後に、次回のレポート作成指導の回で様々な計算をするために、アルミフレームの寸法や質量を測りました。

DSC_0956DSC_0982

         試験体設置状況                実験中の様子

TA 太田・大久保