関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築エンジニアリングコース

建築・環境学科

建築構造設計製図

RC造 各通り軸組図 <建築構造設計製図>

  • Category: 建築構造設計製図
  • Posted by kgu4.
  • 2017/11/15

 4回目は各通り軸組図を作図しました。前回作図した伏図が、意匠図における平面図であるならば、この軸組図は断面図に相当します。

 冒頭、神戸先生より講義で、一年前の同じ頃に作図したオフィスビルの断面図を作図した時の指摘事項を思い出して、どの部材がどのように繋がっているかを意識して描く事。

 

 小川先生からは

・切断面は極太の実線、壁と柱、大梁の境界線は破線で描く事。

Y1、X4通りの軸組図は建物の外側からの視点で作図となる点。

・地中梁と、その他の梁では、スラブと梁上端の位置関係が異なる点

 などの説明がありました。

第4回写真 (1)第4回写真 (2)

学生からは、各通りで大梁と直交する小梁や、パラペットや開口の寸法に関しての質問が多く出ていました。

第4回写真 (3)第4回写真 (4)第4回写真 (5)第4回写真 (6)

また、不明な部分の寸法について伏図や軸組図、各リスト、意匠図などを相互参照し必要な寸法を探し出していく事に慣れていない学生もまだ居ましたが、この作業を反復する事によって、作図している建物各部の位置関係や詳細について理解を深めていけると思います。

第4回写真 (7)第4回写真 (8)

次回と次々回で、RC造の課題図面の中では最も作図量のある配筋詳細図の作図に入ります。

 

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募