関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築エンジニアリングコース

建築・環境学科

建築構造設計製図

RC造 各階床梁伏図 <建築構造設計製図>

  • Category: 建築構造設計製図
  • Posted by kgu4.
  • 2017/10/14

建築構造設計製図第3回目は、2階・3階・R階床梁伏図(1/100スケール)の作図を行いました。

講義冒頭、小川先生より、

・前回の基礎伏図では、見下げ図(各構造要素を見下ろした視点から書いた図)での作図でしたが、今回は見上げ図(見上げた視点。上階の梁が図面に表され、柱と壁は当該階のものを表す)で作図となる事。よって、梁の線種表記が、前回は破線でしたが、今回は実線での表記となる事。

・また、上記から各階の壁の寸法や梁幅の違いなど参照する図面に注意する事、通り芯と壁の寄りの関係など、各階の違いを意識して作図する事などの注意がありました。

第3回写真 (1)第3回写真 (2)

第3回写真 (3)

学生は、説明された内容を意識し作図に臨んでおり、作図する上で不明な点については積極的に先生たちに質問していました。

第3回写真 (5)第3回写真 (4)

図面のチェック時の指摘箇所も、冒頭の注意箇所での指摘はあまり見られず、エレベーター周りや窓等の開口部付近の境界線の描き忘れ等の指摘が多かったようです。

第3回写真 (6)第3回写真 (7)

また、早く描く事にも意識し、半数以上の学生が本日の課題を時間内に終わらせ、前回課題の続きを作図していました。当日は周りが祝日の中での授業でしたが、学生はとても集中して作図に打ち込んでいたと思います。

 次回は各通りの軸組図の作図について学びます。

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募