関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築エンジニアリングコース

建築・環境学科

建築構法設計製図

軸組図と矩形断面図の講評 <建築構法設計製図>

  • Category: 建築構法設計製図
  • Posted by kgu4.
  • 2016/08/23

7月18日の第15回は、最終講義です。第8課題である「キャンパス内にあるセミナーハウス」を各自で設計した軸組図(1/100)と矩形断面図(1/100)をプロジェクターで投影し発表を5分間行い、先生方から講評を受けました。なお、課題8の「キャンパス内にあるセミナーハウス」は、木造の在来軸組構法を想定しています。

20160718-①20160718-②

受講生らは、発表時間の5分間の中で各自の設計した「セミナーハウス」の切断箇所、高さ方向の寸法、仕上げ材、軸組図と矩形断面図を書く上で意識した点について説明しました。なお、受講生らが作成したセミナーハウスの軸組図ならびに矩形断面図の中で特徴的だった設計案をあげると

・壁の仕上げ材をサビにくい材料を選定したもの

・コスト面を考えて、単価の安い材料を選定したもの

などがありました。

20160718-③20160718-④20160718-⑤20160718-⑥

講評を終えた後、全体講評として受講生らは先生方より以下のような指摘を受けました。

・仕上げ材の特徴に関する理解が足りない

・部屋の採光を考慮していない

・つり天井の仕組みに関する理解が足りない

以上

受講生らは、本講義の前半を通して、実際に設計された「舞台造りの家」の設計図(構造部材アイソメ図、床伏図、軸組図、外回り詳細図、展開図、水場廻り、矩形断面図)をトレースし、木造の在来軸組構法の成り立ちを学びました。また、後半では、「キャンパス内にあるセミナーハウス」を課題とし、前半で学んだ知識を利用し、各自で木造の在来軸組構法の「セミナーハウス」を設計しました。