関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築エンジニアリングコース

建築・環境学科

建築材料実験

セメントの強度試験 -その1- <建築材料実験>

  • Category: 建築材料実験
  • Posted by kgu4.
  • 2016/10/24

第3回の講義ではセメントの強度試験を行うために、モルタル供試体の作製作業を行いました。

 2016101301_01

① 最初に先生から作業内容と試験目的についての説明がありました。

② 供試体の型枠に打設するモルタルの作製を行います。前の講義で学んだセメントペーストに砂を加え

  たものをモルタルと呼びます。セメント、砂、水の割合は規格として定められており、電子はかりや

  メスシリンダーを用いて計測します。

③ セメント、砂、水を練り鉢と練りさじを用いて混ぜます。混ぜ終えたら、フローテーブルを用いて

  モルタルのフロー値(広がりの平均値)を測定します。

20161013022016101303

④ フロー値を踏まえて、突き棒でモルタルを規定回数突き詰め、型枠につめします。打設時の注意点

  として、モルタルは化学反応を起こすと水分が表面に出てきて表面が凹んできます。なので、少し

  盛り上げて成型します。

20161013042016101305

今回の講義で作製した供試体は水中養生と空中養生を行い、養生1週目の第4回と養生4週目の第7回で曲げ試験及び圧縮試験を行います。