関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築エンジニアリングコース

建築・環境学科

建築構法設計製図

水場廻りのディテールと水場計画の注意点<建築構法設計製図>

  • Category: 建築構法設計製図
  • Posted by kgu4.
  • 2015/06/12

5月25日の第7回の講義では, 第6課題である「舞台造りの家」の浴室・洗面室・選択室の平面詳細図をトレースしました。この第6課題の目的は、線の太さの使い分け、水場計画の注意事項を把握することです。

0525_(1)

冒頭に、受講生は第5課題の提出を行いました。その後、堤先生より線の使い分け方と、水廻りの注意事項として、浴室の天井ならびに床の勾配や壁内部の断熱について説明がありました。また、第5課題を行う上で以下の要点が挙がりました。

・水場の結露対策ならびに湿気対策を学ぶ

・図中の番号の意味

・断熱材の位置について

・断熱材の効果による結露防止とヒートショックの対策について

など

0525_(2)0525_(3)

今回の課題は、浴室や洗面台などをフリーハンドでかく必要があったため、受講生は、それらの箇所に苦戦していました。

0525_(4)0525_(5)0525_(6)0525_(7)

作業を終えた受講生は、先生方のチェックを受けました。チェックを受けた受講生に対して、先生方より、浴室のフリーハンドの表現や線の強弱について指摘がありました。

0525_(8)0525_(9)

次回の6月1日(月)は、矩形断面図の作成を行います。

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募