関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築エンジニアリングコース

建築・環境学科

建築構造実験

RC造梁の曲げ及びせん断実験<建築構造実験>

  • Category: 建築構造実験
  • Posted by kgu4.
  • 2014/12/05

第7回の講義では、鉄筋コンクリート(以下、RCと略記)造梁の曲げ及びせん断実験、コンクリート供試体の一軸圧縮試験及び割裂引張試験を行いました。冒頭、先生より今回の実験方法並びに試験方法について説明がありました。本講義の第2・4回の2週に渡り配筋、打設したRC造梁の耐力、たわみ、ひずみ、ひび割れの計測を行いました。その後、RC造梁と養生条件が同じであるコンクリート供試体の圧縮強度と引張強度の計測をしました。写真123

①大型構造物試験装置(左)             ②説明(右上) ③RC造梁(右下)

各変位計より得られた測定値を用いることで、梁のたわみを知ることができます。

写真4写真5

④変位計(梁の端部)             ⑤変位計(梁の中央)

受講生は、ライトを照らし、RC造梁に生じたひび割れ等を観察しました。

写真6写真7

⑥実験中の様子

また、受講生はRC造梁に生じたひび割れの幅と長さをクラックスケールで計測を行い、RC造梁のひび割れをスケッチしました。

写真8写真9

⑦クラックスケール              ⑧RC造梁のひび割れ

写真10写真11

⑨ひび割れの測定               ⑩ひび割れのスケッチ

RC造梁は、曲げひび割れ→引張主筋降伏→圧縮側の縁のコンクリートの圧壊、という段階を経て最終破壊性状に至りました。その結果、RC造梁は曲げ破壊したことが分かりました。

写真12 写真13.

⑪終局の状態                 ⑫終局の状態

RC造梁の材料性状を把握するため、養生条件と養生期間が同じコンクリート供試体を用いて一軸圧縮試験および割裂引張試験を行いました。

写真14 写真15

⑬コンクリート供試体             ⑭コンプレッソメータ

写真16 写真17

⑮一軸圧縮試験の様子             ⑯圧縮試験後の供試体

写真18 写真19

⑰割裂引張試験の様子             ⑱割裂引張試験後の供試体

写真20 写真21

⑲RC造梁の最終破壊性状            ⑳コンクリートの圧壊部分

実験終了後は、受講生とともに本学主催の防災訓練に参加して、講義を終えました。