関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築エンジニアリングコース

建築・環境学科

建築構造実験

鉄筋の引張試験<建築構造実験>

  • Category: 建築構造実験
  • Posted by kgu4.
  • 2014/11/21

11月7日の授業では、鉄筋コンクリート造梁に使用している鉄筋の引張試験を行いました。

鉄筋は太さと強さの異なるD10、D13、D19を各3本用い、計9本の引張試験を行いました。1107_11107_2

引張試験を行う前に、引張後の長さを計測する為にポンチと呼ばれる道具を用いマーキングを行います。

1107_31107_4

同様の作業を計9本行い、それぞれのマーキング間の間隔をノギスで測ります。

1107_51107_6

1107_71107_8

また、鉄筋にはひずみゲージと呼ばれる伸び縮みを計るセンサを取り付け、鉄筋の伸び縮みを計測します。

1107_91107_10

1107_111107_12

引張試験終了後に、破断した鉄筋のマーキング間の間隔をノギスで計測します。

1107_131107_14

1107_151107_16

1107_181107_19

授業時間内では、3本までしか実験を行えなかったため、授業時間外に職員やTAなどで残りの鉄筋の引張試験を行いました。保存したデータは、大学内の共通の授業フォルダに管理されています。

1107_201107_21