関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築設計製図


建築設計製図IV

第14回 最終提出・講評〈設計製図Ⅳ〉

  • Category: 建築設計製図IV
  • Posted by kgu2.
  • 2022/02/07

担当教員:柳澤潤、酒谷粋将、高島英幸、神戸渡、遠藤智行、中村秀親
非常勤講師:久恒 利之、杉千春、佐藤文、岩澤拓海、津野恵美子、櫻木直美、井上玄
助手:村山徹、Yap Minwei TA:井川日生李、関拓海

 

2022.1.21(金)設計製図Ⅳ第十四回、最終提出・講評が行われました。
学生は13:15までに模型と図面を提出してから一時退室し、その間教員による採点が行われ、15:15より最終講評が行われました。

 

今回は高さ50mを超える建築を1/100の模型で表現し、提出が求められているため、見ごたえのある模型が多くありました。
sz4_14 (1)

受講生は成人式の行事が重なり、神奈川県においても新型コロナウイルスのオミクロン株の感染が拡大しつつあるため、オンラインでの提出や、最終講評は学生による発表は中止し、担当教員のみで講評するなどの措置が取られました。

 

提出物にインキングとスケールの大きい模型が加わったことで、時間配分が難しく、図面やパースなどが間に合わない学生も見受けられましたが、図面や模型を完成させてきた学生は、総じて自分なりの表現を模索した結果と努力が反映されていました。
sz4_14 (2)

エスキスの担当講師と実際に採点した講師がA評価を得た作品の講評を行いました。感染対策として三教室に分かれた上でオンライン中継し、十分な距離をとって聴講しました。

 
今回の第二課題では、石井晏奈さん・石橋明日香さん・荻尾明日海さん・久住悠河さん・小林来未さん・園田さくらさん・高橋葵衣さん・トウ シキさん・浅見優衣奈さん の9名が講評作品に選出されました。

 
選ばれた作品はどれも模型表現や図面の正確さなど、自分のコンセプトをより伝えられる表現方法がとられていました。なかでもコンセプトボードはイメージパースやダイアグラムなど、設計意図伝えるツールを上手く用い表現できているものが多かったです。

 
建築設計製図Ⅳを代表してVR(バーティカルレビュー)に選出されたのは、
第一課題VR      勝又小太郎さん・髙橋莉奈さん
第二課題VR      高橋葵衣さん・石井晏奈さん

の四名になります。

 
今回惜しくも選ばれなかった人は、コンセプトボードや模型に力を入れて作成するためにも時間配分や全体を通じてのスケジュールを組み立てながら三年次の課題に臨むようにしましょう。

 

TA 井川 日生李