関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築設計製図

建築設計製図II

第15回最終提出・講評会 <建築設計製図Ⅱ>

  • Category: 建築設計製図II
  • Posted by kgu2.
  • 2018/03/09

担当:李祥準、関和明、古賀紀江、日置和宜、大沼徹、

中村円香、呉光正、内藤誠人

 

2018年1月25日(木)

建築設計製図Ⅱの第15回目は、秋学期最後の授業でした。設計課題と最小限住居トレース課題の提出と講評会を行いました。

20180125(1)

 

最初に図面の書き進め方の説明をして頂きました。基準線の書き方から、仕上げの線の太さなど注意を受けてからはじめました。立面図は

授業の最初に各自が作ってきた模型とA2のプレゼンボード2枚を提出しました。

授業の最初に設計課題の人は自分が作ってきた模型とA2のプレゼンボード2枚を提出しました。トレース課題の人は、トレース図面とボード1枚を提出しました。

20180125(2) 20180125(3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生たちが提出した後は、先生たちの採点が行われました。優秀作品を決め、授業内での発表者を選んでいきます。

20180125(4) 20180125(5)

 

 

 

 

 

 

 

 

20180125(6) 20180125(7)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採点後、これからの設計に活かしていけるように学生たちは他の人の作品を見て図面の描き方、プレゼンボードの表現方法、模型の作り方などを参考にしていました。

20180125(8) 20180125(9)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に選ばれた学生の発表が行われました。選ばれた学生たちは自分の作品に対してのコンセプトや提案内容を考えており、まだ1年生ですがしっかりと設計していました。みんなの前で発表に慣れていないのもありましたが、学年が上がるにつれて人前で発表することの慣れてくると思います。これからの製図Ⅲ、Ⅳの授業では、各自の設計課題を行っていくので、先生とのエスキスチェックには積極的に参加するようにしましょう。

20180125(10) 20180125(11)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業の最後に先生一人一人から全体の講評がありました。これからの設計課題にいかしていければということでした。

20180125(12)

 

今年度の建築設計製図Ⅱの授業はこれで終了です。2年生からは本格的な設計をしていく授業が増えていきます。建築を見にいったり、本を読んだりと積極的に行って欲しいです。

TA佐々木

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募