関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築設計製図

建築設計製図II

第9回 ⑧軽井沢の山荘 屋根裏階平面図模写 1/50 <建築設計製図Ⅱ>

  • Category: 建築設計製図II
  • Posted by kgu2.
  • 2017/12/20

担当:李祥準、関和明、古賀紀江、日置和宜、大沼徹、

中村円香、呉光正、内藤誠人

2017年11月30日(木)

建築設計製図Ⅱの第9回目の授業は、軽井沢の山荘、屋根裏階平面図の1/50の模写をしました。

20171130  (1)

最初に基本的な文字のレタリングの仕方の話がありました。しっかり補助線を描いてからバランスよく綺麗な文字を書くようにしましょう。また、一点鎖線の描き方では、短線が長すぎる人が多く見られたのと、端部は繋げるようにとの注意がありました。細かいことではありますが、基本をしっかりできるようにしましょう。

20171130  (2) 20171130  (3) 20171130  (4) 20171130  (5)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生が周りながら、一点鎖線の描き方を直接指導してくれました。

20171130  (6) 20171130  (7)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文字や線の書き残しはないか、線の強弱はついているかなど自分たちで確認もしながら進めていました。多くの生徒が時間内に完成できて、先生に確認してもらっていました。

20171130  (8) 20171130  (9)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週提出した2階平面図の返却がありました。完成して提出できた生徒が16人しかいませんでした。完成できなかった生徒は来週の授業に再提出です。描き残しが無いように気をつけながら図面を描いてきましょう。

 

今回提出してもらったスケッチ課題の坂本一成さんの「代田の町家」では、町家や、家型について調べ、アクソメトリック図を使って空間の説明をしてくれていました。

20171130  (10) 20171130  (11)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
最後に次週のスケッチ課題が出されました。今回は、アトリエ・ワンの「ミニ・ハウス」です。アトリエ・ワンは塚本由晴さんと貝島桃代さん二人組の設計事務所です。「図解アトリエ・ワン」という本も出版されていて、建築を学ぶ学生にはデザインやディテールを読み解く参考書となるので、読んでみると良いです。

20171130  (12)

 

 

TA佐々木

 

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募