関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築設計製図


建築設計製図IV

第2回 事例紹介、エスキス1 〈建築設計製図IV〉

  • Category: 建築設計製図IV
  • Posted by kgu2.
  • 2022/10/18

担当教員:柳澤潤、酒谷粋将、高島英幸、神戸渡、遠藤智行、中村秀親
非常勤講師:久恒 利之、佐藤文、杉千春、岩澤拓海、櫻木直美、井上玄、木内達夫
助手:村山徹、YAP Minwei
TA:荒川百花、森貴一朗

 

2022.10.07(金)、「建築設計製図Ⅳ」第2回目の授業が行われました。柳澤潤准教授によるこども園の事例を紹介して頂いたのち、グループごとに分かれて各先生によるエスキスを行いました。
image1

先週、柳澤潤准教授から指示があった通り、それぞれ敷地模型とその上に何かしら自分のアイデアを形にして持ってきていました。スタディの方法は学生により様々で、スケッチや図面でスタディしてくる学生やソフトボード、スチレンボード、ひのき棒、紙粘土といった模型でスタディをしてくる学生がいました。やりたいことはあるがそれをまだうまく形に出来ていない人が多いように感じました。初めての公共施設の設計なうえに、今課題は複雑なプログラムがあり動線計画にも配慮が必要です。どんな空間があるといいのか、建築と公園との関係をどう解くかが今課題では重要になってくると思います。
image2

今日スケッチや図面でのスタディを持ってきた学生は、二次元だけでなく模型などの三次元でスタディを進めていくと、プランがより具体的になってくると思います。次週には、本日先生方から頂いた助言を元に、プログラムまでしっかりスタディできるととなお良いと思います。

 

TA:荒川百花、森貴一朗