関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築設計製図


建築設計製図IV

第5回 エスキス③〈設計製図Ⅳ〉

  • Category: 建築設計製図IV
  • Posted by kgu2.
  • 2021/11/16

担当教員:柳澤潤、酒谷粋将、神戸渡、遠藤智行
非常勤講師:久恒 利之、杉千春、佐藤文、岩澤拓海、津野恵美子、櫻木直美、井上玄
助手:村山徹、Yap Minwei TA:井川日生李、関拓海

 

2021.11.5(金)設計製図Ⅳ第五回目の講義が行われました。始めに、柳澤准教授からインキングのやり方やプレゼンテーションボードのレイアウトといった最終提出に向けたショートレクチャーが行われました。インキングは息を止め、一本一本の線を集中して描くことで、鉛筆で描くよりも美しくハッキリとした仕上がりになります。受講している学生にとってはこれまで経験がないことかもしれませんが、今課題で挑戦して美しい図面を描いてほしいです。
sz4_5 (1)

 

前回行われた中間発表で各々先生方から頂いたアドバイスを踏まえ、ランドスケープと一体となるこども園の設計を進めています。「ランドスケープってそもそもなんだろう?」ということから始まり設計を進めてきましたが、少しずつ緑豊かでこどもがのびのびいられるようなこども園になっていると思います。
こども園はこどもがこどもを生きる空間です。生を受け初めて過ごす場所であり、初めてケンカしたのも、自分の名前がひとりで書けたのもきっとここです。長い長い人生のはじまりを生きる場所として豊かなこども園の設計を目指してほしいです。
sz4_5 (2)

最終提出の提出内容が変更になりました。平面図1/200、配置図1/500、立面図1/200(2面以上)、断面図1/100(2面・適宜切断あり)、模型1/200、プレゼンテーションボードA1(A2用紙を組み合わせてもOK)で提出となります。次週はグループ内講評となります。敷地がこれまで扱ったことがないほど大きく、大変になるかと思いますが頑張ってきてください。

 

TA 関 拓海