関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築設計製図

建築設計製図IV

第五回 エスキス3 <建築設計製図IV>

  • Category: 建築設計製図IV
  • Posted by kgu2.
  • 2019/11/16

建築設計製図IVの第3回エスキスが行われました。

今回は中間提出を受けて最初のエスキスになります。

 

今回のプログラムは以下となっております。

1)柳澤先生・内藤先生のレクチャー

2)エスキス

 

まず、初めに中間提出を終えて今後どのように進めていくかなど、全体に向けて柳澤先生からお話がありました。

 

そして柳澤先生と内藤先生からレクチャーをしていただきました。

1  2

3

次に、各班にわかれてエスキスがありました。

4  5

 

佐藤さん

6  7

中間提出で模型を作っていた際、回転させたボリュームを積み上げることで楽し気な空間がいくつも出来た。と話していました。低層階は単純な形式を用いていましたが、階を重ねるにつれ、回すことでずらすという方向へ変更したということです。これを成功させるためには断面図でのスタディが必須なので、断面図と平面図をリンクさせスタディするようにとアドバイスを受けていました。

 

吉村龍太郎君

8  9

海からの波、風のイメージでスタディを進めてきたそうです。

それらの曲線が複雑に交わりながら横浜の新しいランドマークとなるように考えています。

神戸先生からの指摘としては、下の円形のホールが構造体となる。リボンのように巻かれた帯は海と街をつなげるゲートのような見え方になる。リボンのようなシェル構造はそれ自体で自立はするが、中に入ってくるボリュームとの関係性をスタディするべきとのことでした。

来週は休講となるため、次回の最終前プレ講評までの2週間、各自さらなるクオリティアップを目指しましょう。

TA   甘利優、中島健太

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募