関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築設計製図

建築設計製図I

第8回 模型の図面化 <建築設計製図Ⅰ>

  • Category: 建築設計製図I
  • Posted by kgu2.
  • 2019/07/03

今回からの課題は、前回出た模型課題でそれぞれが制作した模型を題材に、配置図、各階平面図、断面図、立面図を描く課題です。最初にこの課題の目的や平面図の描き方の手順についてレクチャーがありました。

1

今回の講義での模型の図面化は配置図と一階平面図です。

通常、平面図は床面から1500㎜程度の高さを水平に切断したものです。この課題では、部材の大きさの関係で、平面図を高さ1600㎜で切断するように指示されました。自分で作った模型をよく分析し書きましょう。

23

模型を見ながら図面を描くということで、描いているものが梁なのか壁なのか、見えがかり線で描くべきものはどれなのかなど、考えながら作業できます。時々作業の手を止めて、今描いている部分の部材のことを考えてみましょう。

45

 

学生たちは先生方に質問しながら前回までの図面より考え、観察し、悩みながら図面に向かっていました。

作業が進んだ人から、2階、3階の平面図の作成に入りました。次回に、配置図、各階の平面図の制作を完了できるように頑張りましょう。

 

TA 甘利 優

中島健太

 

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募