関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築設計製図

建築設計製図IV

第2課題「野島公園の図書館」出題<建築設計製図Ⅳ>

  • Category: 建築設計製図IV
  • Posted by kgu2.
  • 2018/11/23

11月23日、第8回目の授業は、第2課題が出題されました。

課題初回である本日は、想定敷地の野島公園の見学と合わせて、建築構造と環境・設備に関するレクチャーが行われました。

01

02  04

今回は大学近くの野島公園の一角を想定敷地として、地域に開かれた公共図書館を計画します。目の前に広がる東京湾の眺望など、周辺環境との関係を考慮した、地域に密着した新しい文化施設をデザインします。

野島公園に集合して課題の説明を受けた後、班ごとに想定敷地を見学しました。敷地へのアプローチや現在の松の木の配置、周辺の建物等を、メモやスケッチなどで記録しました。敷地の調査ではメジャーを使い実測する学生、また少し高いところから敷地を眺めて見ている学生、それぞれ違った視点で敷地を観察していました。

05

03  06

想定敷地に隣接する古民家、旧伊藤博文金沢別邸の見学も同時に行われました。古き良き日本の建物の見学では、建築自体のすばらしさを学ぶと同時に、それが建てられている敷地の雰囲気もまた感じ取ることが重要です。旧伊藤邸がなぜここに建てられたのか良く考えることで、この敷地にはどんな提案がふさわしいかを、思い浮かべることができるでしょう。

08  09

敷地見学の後は大学に戻り、山口先生・神戸先生から建築環境・設備と構造になど関するレクチャーをしていただきました。金沢海みらい図書館ぎふメディアコスモス多摩美術大学図書館など、様々な事例のスライドを使って、光の取り入れ方の工夫や大空間を覆う構造について解説していただきました。

第1課題と違って、今回の第2課題では、自由な構造にすることができます。図書館に相応しい光環境などもよく考えたいところです。設計を進める中で分からないことがあれば、エスキス時に積極的に質問するようにしましょう。

次回は班ごとに分かれて、宿題に出された事例調査の内容を発表します。即日課題は敷地模型の制作です。しっかりと準備し、授業に臨みましょう。

TA 日下部・眞田

 

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募