関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築設計製図

建築設計製図II

第1回 ガイダンス、図面表記の復習 <建築設計製図Ⅱ>

  • Category: 建築設計製図II
  • Posted by kgu2.
  • 2018/10/18

2018.9.27(木)、建築設計製図Ⅱの授業が行われました。

 1

授業の最初に担当教員・助手の紹介、授業スケジュール、課題説明が行われました。今年度の建築設計製図ⅡではRC造と木造の住宅の図面模写を行います。

 

前半課題:安藤忠雄 「4m×4mの家」

2 3

前半はRC造の住宅の図面模写課題です。関先生からこの建物が建てられた経緯や、周辺環境などの説明をしていただきました。

 

 

後半課題:増沢洵 「最小限住居」

4 5

後半は木造住宅の図面模写です。日置先生からこの建物の建てられた時代背景や、その後の建築界にどのような影響を与えたのかなどの説明をしていただきました。

 

 

続いて内藤先生よりスケッチ課題の提示がありました。

6

今週の課題は秋学期授業で扱われる、安藤忠雄「4m×4mの家」、増沢洵「最小限住宅」です。建物の外観だけでなく、その作品の中で自分の興味を持ったところなどを取り出してみるととても身に着くと思います。

 

説明の後は建築設計製図Ⅰの復習となる安藤忠雄「住吉の長屋」1/50の平面図のトレースを行いました。

7 8 9 10

図面記号や表記の仕方など、忘れてしまっている学生も見受けられました。各自設計製図Ⅰのプリントを見て復習するようにしてください。先生方からもお話があったように一本一本図面の線の意味をよく理解して作業を進めるようにしてください。

 

 

次週からは1/100の図面模写が始まります。図面を描く際には線の意味をよく理解しながらできるだけ綺麗に仕上げるように心がけましょう。またしっかりとスケジュールを確認して図面提出や模型提出は時間厳守するようにしてください。では半年間頑張りましょう。

 

 

 

TA:花城 輝、スリースマン 洋マイケル