関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築設計製図

建築設計製図I

第3回 寸法と縮尺・線の練習2<建築設計製図Ⅰ>

  • Category: 建築設計製図I
  • Posted by kgu2.
  • 2018/06/04

2018年4月26日(木)、「建築設計製図Ⅰ」の第3回目の授業が行われました。

 1

はじめに、古賀先生より寸法と縮尺についてのレクチャーが行われました。

図面や地図など、縦横を同じ比率で縮小または拡大した際に、その大きさのことを縮尺といいます。また各縮尺に対応する三角スケールという道具を使っていくことで、楽に図面の中の長さや大きさを知ることができます。建物をつくるための単位の説明の中では、「モデュール」、「モデューラーコーディネーション」、「基本モデュール」、「コルビュジェの『モデュロール』」というキーワードが出てきました。建築を学ぶうえでどれも大切なキーワードなので各自図書館などで調べてみましょう。説明の後は早速第1課題に入ります。

 

第1課題は「縮尺体験小課題」です。建築の世界ではミリの単位で大きさを表現します。1cmは10mm、10cmは100mmとなります。三角スケールを使いながら、三角定規を使用して色々なスケールの正方形を描くという課題でした。また1/500の縮尺の建物の高さを測るという作業も行いました。

2

第2課題では先週に引き続き「線の練習」を行いました。 A4の課題用紙に縮小されている図面と表記されている寸法を見ながらA3のケント紙に、線の練習を行います。

図面を描く順番として、A3ケント紙に枠を描き、枠の右下隅に課題名、学籍番号、氏名を記入する枠を書きます。次に補助線を書き、寸法に合わせた基準線を描いていき、次にその基準線をもとに、指定された枠線を図面に描いていきます。そこから基準線のナンバー及び、寸法を記入していきます。前回よりも図面が複雑になっていますが、先生方のアドバイスを受けながら順調に作業を進めていました。

 3456

また授業の合間では先生方が各テーブルを回り、全期間課題の「大きくなる まいにちスケッチ」についてのコメントやアドバイスをしてくださいました。

7

授業の最後には模型課題の説明がありました。ほとんどの人は、初めての模型製作だと思います。模型課題の提出までしばらく期間がありますが、作業がうまくいかない部分や分からない点が出てくると思います。作業を進めていて分からない点は授業の時に質問するようにしてください。次の授業まで2週間の時間があるので、時間のあるうちに作業を進めておきましょう。

 8

授業としては以上で終了となりましたが、授業終了後にも熱心に質問をしている学生が数名いたのがとても印象的でした。初の模型課題ではありますが、楽しみながら作業を進めてください。

 910

〇今回のキーワード・先生からのコメント

・図面を書く手順は、物をつくる手順です。よく考えながら作図するようにしてください。

・基準線を書くときの一点鎖線は、点ではなく、短い線を書くようにします。

〇連絡事項

次週5/3()GWのため休講となります。次回の授業は5/10(木)となりますので、スケッチ課題は2週間分の計6つ以上やってくるようにしてください。

〇模型課題を作成する際に使用する道具・材料など

模型道具:30度カッター、カッターマット(A3が便利です)、スチレンノリ、スコイヤー、(ピラニア鋸)など

模型材料:スチレンボード、ケント紙、ヒノキ材、バルサ材など

上記のものは一般的な材料ですが、今回の課題では各自好きな材料を使って構わないので、大学の購買部やホームセンターなどに足を運んで各自で使いやすい材料そろえるようにしてください。

 

~お知らせ~

・関東学院大学建築展18/19 決起会

2018年5月10日(木)18時半~

毎年春に横浜赤レンガ倉庫で関東学院大学建築・環境学部生たちの作品を展示するイベントが行われています。このイベントは学生が中心となって運営を行いますが、その決起会が次回の建築設計製図Ⅰの授業後に12号館2階で行われます。イベントでは1年生から4年生、大学院の作品も展示されるので、今後の参考になると思います。また先輩たちとの交流を通して、学生生活がより楽しく充実したものになると思いますので是非参加してください。

 

・小さな建築展 第69回「軽井沢の家」展

2018年5月5日(土)~2018年5月27日(日)までの土曜日、日曜日の13時~17時

秋学期からの必修授業「建築設計製図Ⅱ」で皆さんが取り組むことになる吉村順三の作品「軽井沢の山荘」と同じ軽井沢にある家の建築展です。ぜひ足を運んでみてください。場所はJR山手線目白駅が最寄りの吉村順三記念ギャラリーです。

 

 

TA イクラ・サリーム、スリースマン 洋マイケル

 

 

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募