関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築設計製図

建築設計製図II

第14回 設計課題最終提出物作成、最小限住居トレース<建築設計製図Ⅱ>

  • Category: 建築設計製図II
  • Posted by kgu2.
  • 2018/03/09

担当:李祥準、関和明、古賀紀江、日置和宜、大沼徹、

中村円香、呉光正、内藤誠人

 

2018年1月18日(木)

建築設計製図Ⅱの第14回目の授業では、軽井沢の山荘の断面模型1/50の提出のあと設計課題を進めたい人と最小限住居のトレースをしたい人で分かれ、それぞれ授業を進めました。

1

 

断面模型1/50の提出では皆さん頑張っていましたが、中々良い評価とはなりませんでした。模型の精度をもう少し上げていってほしいです。

2

 

トレース班は、「最小限住居」の1・2階平面、東西南北の立面それぞれ1/100のトレースをしました。

3 4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スケッチ課題でも一度調べている「最小限住居」を改めてトレースすることで、作図力の向上と図面を把握しこの住居の理解を深めていきいました。

5 6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設計課題班は、最終提出物としてA2サイズ2枚にこれまでのプロセスと最終案の図面やダイヤグラム、コンセプトをまとめたものと模型などが求められています。今日は図面やダイヤグラム、写真を用紙にどうレイアウトしていくか決めていきました。

7 8

 

 

 

 

 

 

 

 

9 10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから自分の設計を分かりやすくプレゼンする上でレイアウトは重要となります。まだ何をしたらいいか分かっていない生徒もいたので、もう少しレイアウトの知識をつけて力をかけてほしいなと感じました。

11 12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ来週は今学期最後の授業となり、今まで約1か月半かけて進めてきた設計課題の提出となります。たくさん悩んでいた生徒もいますが、考えることはとても大切なことなので最後まで頑張ってほしいです。

TA 作山

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募