関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築デザインコース

建築・環境学科

建築・都市デザインスタジオ

建築・都市デザインスタジオ

  • Category: 建築・都市デザインスタジオ
  • Posted by kgu3.
  • 2014/10/27

建築・都市デザインスタジオ

 

「建築・都市デザインスタジオ」は2015年度から始まります。

これは複数の教員による全く別々のデザインスタジオが同時並行に進みます。

ここではその内の1つとして、2014年度の「デザインスタジオa」を紹介することとします。

 

2014年度 デザインスタジオa    課題「関東学院大学図書館改築計画」

担当教員:湯澤 正信 高橋 寛

TA: 柴 侑里

 

1、 課題説明  学生の過去作品の紹介

初回授業では学生の紹介を兼ねて、過去の作品内で自信のあるものをいくつかプレゼンしてもらいました。

au1

 

2、第1課題「大学図書館前広場計画」

スタディー課題1-1「広場の事例研究」

スタディー課題のエスキスを壁に貼って全員の前でプレゼンを行い、広場の事例研究と各自の広場計画案のエスキスを行いました。

au2

 

3、第1課題 「大学図書館前広場計画」最終提出

短い期間での課題でしたが、流石は4年生、しっかりとまとまっています。

au3

 

4、第2課題「関東学院大学図書館改築計画」  現図書館見学

第2課題の図書館計画に向けて、まずは現図書館の見学に行きました。

普段行けない・使わない裏部分も図書館員の方に案内され見学しました。図書館員の方達にヒアリングし、実際の使い方を学びました。

au4

 

5、第2課題 図書館建築事例研究 図書館の現状問題点・可能性・規模算定

それぞれの作りたい図書館のイメージの参考になるような事例を調べてきました。規模も学生が調べてきました。

au5

 

 

6、第2課題 エスキス 中間提出

先生方からエスキスを受け、細かい所まで設計を進めていきました。これにより後半の中間提出には、精度の高い図面と模型が出来上がっていました。

au6

 

 

 

7、 第2課題 「関東学院大学図書館改築計画」最終発表

最終提出には、ゲストクリティックとして建築家の柳澤潤さん(コンテンポラリーズ主宰)、図書館から長島事務次長、間部図書館運営課長、藤平さんをお呼びしました。

授業の初めに、柳澤さんによる自己の作品紹介がありました。とてもプレゼン方法がすごく、非常に参考になりました。学生の作品に柳澤さんだけではなく、長島課長、間部図書館運営課長、藤平さんからも細かいコメントをしていただきました。実務をバリバリしている建築家と、実際の運営をされている図書館職員というゲストからの鋭い批評や温かい共感は、とても今までの授業と違う熱気のあるものでした。

au8au7au9

 

 

 

8、図書館での展覧会

今回の作品は、図書館職員からとても共感が持たれ、図書館での特別の展覧会に発展しました。図書館内の1室で 9月24日~10月4日に開かれました。

学生は会場設営もし、本格的な展覧会となり大変好評を得ました。

建築学科の学生だけではなく、多学部の経済学部等の学生や、学長他先生方や、多くの方々に作品を見てもらえ感想を聞くことができました。

au10au11au12