関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築デザインコース

建築・環境学科

建築・都市デザインスタジオ

第15回 第二課題最終講評会<建築・都市デザインスタジオ>

  • Category: 建築・都市デザインスタジオ
  • Posted by kgu3.
  • 2017/08/29

専任教員:中津秀之・柳澤潤

非常勤講師:高橋寛・岡路明良・山道拓人

2017年7月24日(月)

第二課題の最終講評会が行われ35名の生徒が参加しました。

20170724-1

第二課題は、第一課題で作成したマスタープランにのっとって、その一部に対して建築またはランドスケープの提案です。

発表3分、講評3〜5分の計6〜8分の持ち時間で進められました。

 

ドヤ街での、道をリビングのように使う生活に注目してそこから提案していました。ドヤ街の人たちの生活をそのまま建築に落とし込むところまでになっていて、もう少しブラッシュアップが必要だという講評でした。また、既存の関内駅と交差するようにペデストリアンデッキのような建築を提案もありました。デッキの下部分が考えられていなかったのが指摘されていました。

20170724-220170724-3

 

文化体育館を新しく立て直す提案では構造まで突っ込んだ質問や形の感覚的なことも指摘がありました。地面を掘り下げ地下鉄の線路を可視化する提案もありました。大胆な発想はとても評価されていましたが、掘り下げた部分の断面やプラン、プログラムまでたどり着けていなかったようで、そこを指摘されていました。

20170724-420170724-5

 

他にも様々な提案がありました。第一課題で同じグループでマスタープランを提案していた人たちもそれぞれ全く違った提案があってとても面白かったです。

20170724-820170724-9

 

最後に各先生がA評価をつけた学生の名前を発表し、一等二等三等を決めました。選ばれた3人は半年に1度学内であるバーティカルレビューの発表者として10月にプレゼンを行うことになります。

 

1等イクラさん

20170724-1020170724-11

 

2等粟野くん

20170724-1220170724-13

 

 

3等渡邊さん

20170724-1420170724-15

3人とも提案はもちろん図面がしっかり書けていて、模型やプレゼンボードでの表現がとても好印象なようでした。

 

20170724-16

思っていたような評価がもらえず悔しい思いをした人、最後までやりきれなかった人、しっかりやりきって満足した人、それぞれ色々な思いがあったと思います。秋学期はほとんどの人が卒業設計という4年間の集大成に入ります。このスタジオはじめこれまでの学生生活で学んだことを出し切って、悔いの残らないように取り組んでほしいと思います。皆さんの活躍を楽しみにしています。

TA 作山

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募