関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築デザインコース

建築・環境学科

ハウジングデザインスタジオ

第5回 マスタープラン2<ハウジングデザインスタジオ>

  • Category: ハウジングデザインスタジオ
  • Posted by kgu3.
  • 2018/07/03

2018年5月15日(火)「ハウジングデザインスタジオ」の第五週目の授業が行われました。今日は盛りだくさんなスケジュールです。
1、住宅総合研究所 岡崎愛子先生によるハウジングの講義 2.エスキス 3.「レモン展」の見学がその内容です。順に紹介していきましょう。
まず、岡崎先生のレクチャーです。先生はコレクティブハウスとして日本では初めての試みだった「かんかん森」を長く見続けていらっしゃる研究者です。かんかん森には実際に住まわれた経験もあるということで、「コレクティブハウス」について実感をもった知見をたくさんお話しいただきました。

20180515-①  20180515-②

コレクティブハウスについて、現在のような形になった経緯も教えていただきました。家族の世帯が減り単身の世帯が増えている現在、一つの場所を共有することが積極的に考えられるような時代となり、その中での形態の一つとしてコレクティブハウスが生まれたことなどを説明していただき、共用空間を持つ建物には維持管理のためのシステムと居住者の理解が大切だということを教えていただきました。質問の時間では共用空間と外部との関わりについてのご意見をいただきました。

 

その後、3グループに分かれてエスキスを行いました。

20180515-③  20180515-④

20180515-⑤  20180515-⑥

前回のエスキスを踏まえて、模型を持ち込んでプランを練っていきます。大きい建物にする学生もいれば分棟にする学生もいるようです。パラリンピックの選手も利用できるようにスロープをつけることが考えられますが、スロープをどう配置するかに悩んでいる学生も見受けられました。エスキスの後、学生たちは19時まで開催されているレモン展に向かいました。レモン展ではその密度や大きさに圧倒されているようでした!皆さんも頑張ってください!次週は各自の「感動した」作品の前での自撮り写真発表会も行います!

来週は大まかにプランを形にしていきます。ダイヤグラム・配置図・平面図・断面図を描いて持ってきてください。今週行われている卒業設計を集めたレモン展を見学し、自分の図面の参考にしてください。

TA:寺町