関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築デザインコース

建築・環境学科

ハウジングデザインスタジオ

第3回 敷地調査<ハウジングデザインスタジオ>

  • Category: ハウジングデザインスタジオ
  • Posted by kgu3.
  • 2018/05/21

2018年4月24日(火)「ハウジングデザインスタジオ」の第三週目の授業が行われました。最初に前回出題したグループごとの調査結果を発表してもらいました。20180424-①

各グループで江ノ島のデータと、現地に足を運んで聞き込みなどを行っていました。
資料と実地のデータを混在させるのを避けること、江ノ島だけではなくもっと広域での視点も持つこと、敷地から見える風景が不足していることなどが指摘されていました。

20180424-②  20180424-③

次に先週指摘を受けた敷地模型について、グループごとに直しが行なわれているかチェックを受けました。すべての敷地模型が高評価をいただきましたが、水面高などの指摘もありました。

20180424-④

続けて非常勤講師の野上先生から「周囲とのかかわりをデザインすることに大切さ」についてのレクチャーが行われました。
内側(建物内部・敷地内部)と外側(建物外部・敷地外部)は同じくらい考えなくてはいけないものであること、アイデアが出たら言葉ではなく形にして蓄積していくことなどをアドバイスしていただきました。

20180424-⑤

最後に次の授業までの小課題として、自分の使っている浴室を実測して図面化し、車椅子の人でも利用できるか評価し、利用できるようにするにはどのような工夫が必要か図面やスケッチでデザインを行う課題が出されました。

20180424-⑥

今回は空間の制約を考えず、また機械や道具ではなくあくまで空間の工夫で解決することを目標としています。
最後にエスキスを行うグループごとに別れ、担当の先生と打ち合わせをしました。

20180424-⑦  20180424-⑧

次の2週間後の授業は小課題の提出とエスキスのスタートです。小課題もエスキスのための材料も大切なものです。ゴールデンウィークを使って十分な材料を揃えて授業に臨みましょう。

TA:寺町