関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築デザインコース

建築・環境学科

ハウジングデザインスタジオ

第12回 中間講評<ハウジングデザインスタジオ>

  • Category: ハウジングデザインスタジオ
  • Posted by kgu3.
  • 2017/07/18

7月4日、今日は中間発表です。当初、現場見学会を予定していましたが都合で中止になりました。残念ですが講評会の時間が伸びて、学生は意見をたくさん聞くことができました。

12-1

授業開始時に今日のスケジュールの確認が行われました。採点後の再集合は14:30となっておりましたが、30分ほど延び15:00になりました。

12-212-3

12-412-5

まず、先生方が各自で15分ほど見て回って、その後三人で一人一人の評価をつけていきました。図面の精度、コンセプトとの合致性などたくさんの視点で話し合われているのを耳にして自分自身の参考になりました。

12-612-7

採点が終わると、学生たちはわれ先に自分の評価を確認していました。喜ぶ学生もいれば悔しがる学生もいました。10分ほど見て回ると次は発表です。発表を聞いていると、図面では表しきれていなかったこと出てきて先生方もそういうことだったのかという印象を持っていました。

12-812-10

発表は初回と比べて時間の管理が非常にうまくなりました。あとは構成です。最終ではゲストを迎えての発表となります。しっかり練習しましょう。

12-1112-12

最後に高橋潤先生と野上恵子先生からお言葉をいただきました。

高橋潤先生

AUTOCADの使い方をあまりわかっていない気がするハッチングのかけ方一つにしても意味のある表現をしてきてほしい。来週までには模型も作ってきてからエスキスができるといいですね。

野上恵子先生

図面の文法をわかっていない学生が多く感じました。断面のスタディをもう少しがんばっていけば、さらに良いものになっていくでしょう。

 

来週でエスキスは終わりです。最後のブラッシュアップがんばってください。

TA 末原

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募