関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築デザインコース

建築・環境学科

地域施設デザインスタジオ

第2回目 レクチャー/プレゼンテーション <地域・施設デザインスタジオ>

  • Category: 地域施設デザインスタジオ
  • Posted by kgu3.
  • 2018/10/26

担当:柳澤潤(常勤)、高野洋平(非常勤)、篠崎弘之 (非常勤)、イクラサリーム(TA)

日時:2018年10月4日(木) 13:15~18:15

10月4日、2018年度地域施設デザインスタジオ、2回目の授業が行われました。

本日は授業はじめに篠崎先生によるレクチャーがありました。追浜という街をリサーチ・設計をしていく際に重要なポイントとなる点をいくつかアドバイスをしていただきました。

1

篠崎先生によるレクチャー

リノベーションをしていく時は、古くて使いにくそうな場所でも新たな可能性を発見し、人の集まり、賑わいをつくるには何が必要なのかを徹底的に考えていく必要があります。

また、大きなスケールで場所づくりをする際に、3Dソフトや模型を作成するなどの作業を踏まえ、各自の設計案の問題点、良い点をビジュアルでスタディすることができると教えてもらいました。ビジュアルスタディを進めていく際に、調査をすることで把握できた地域の特性を元にコンセプトを作成していくことが大切になります。

レクチャーの次に、班ごとに調査してきた敷地のポテンシャルをピンアップにより発表をしいただきました。

2  3

各グループ、実際に街を歩いて調査を行い、しっかりと班で話して合った上で、追浜という街に対して各自で持っている疑問を解くために一生懸命リサーチをしてきました。

4  5

1班 江川冴、平尾優衣               2班 渡邊璃奈、崔美鈴

 

6  7

3班 佐々木紀人、笹田大翔             4班 南場恵詞、若月星樹、森田陸

 

8  9

5班 高桑健、廣瀬健太郎、谷崎弘斗         6班 西岡憲弘、加瀬航太郎、櫻田祥吾

 

今回のプレゼンテーションで街の歴史、建築計画、追浜の緑に関する情報・リサーチが足りな

かったため、来週は建築計画、緑、歴史的な背景も加えてプレゼンテーションするように先生方より指摘されました。

プレゼンテーション後は、柳澤先生より来週以降のアドバイス、スケジュールを教えてもらいました。

10

追浜という街に具体的にどんなプログラムが必要か、どういうスペースが追浜にとって効果的なものになるか、理由も加えて各班で提案をし、来週プレゼンテーションを行います。

また本日、他の班が発表した内容もヒントとし、調査から分析してそこから導かれた提案が求められます。

11  12

最後に、各班ごとに集まり、本日のプレゼンテーションの反省点や来以降の調査・提案について打ち合わせを行いました。

TA:イクラサリーム