関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築デザインコース

建築・環境学科

地域施設デザインスタジオ

第11回 第2課題のエスキス2<地域施設デザインスタジオ>

  • Category: 地域施設デザインスタジオ
  • Posted by kgu3.
  • 2017/12/19

担当:柳澤潤(常勤)、高野洋平(非常勤)、篠崎弘之(非常勤)、相川航(TA)

日時:12月14日(木) 13:15~18:15

12月14日、2017年度地域施設デザインスタジオ、11回目の授業が行われました。

今回は第二課題二回目の中間発表前エスキスなのでグループごとのエスキスではなく、三人の先生に対して一人一人エスキスを行いました。エスキスを待っている間は各自で案のブラッシュアップを行いました。

IMG_2601中間提出前の学生たちの案(数名)

 

IMG_2596・加藤

商店街の空き家を利用し小さい拠点を複数つくりながら点と点を結び、近くの川とも連携しながらコミュニティネットワークを形成することで大きなネットワークを形成する計画をしています。

小さな操作で全体を形成する為のハードの提案がないのと、川との関わり方のイメージが浅いのでそこを突き詰める事をエスキスの中で言われました。

 

IMG_2595IMG_2594

・植松

川に沿った公共施設の計画をしています。川に沿ってある商店街の連続性を意識したファサードの提案です。

エスキス内容としては連続性のあるファサードの提案はいいが建築物自体がボックスなのは考え直したほうがいい。一つ一つの建物の密度を上げて考えて欲しい。屋根のデザインを考える事で商店街のデザインコードを取り込むことでより連続性を強化したほうがいい。(事例:・SUEP 末光弘和 + 末光陽子 二重屋根の家 ・黒川紀章 埼玉県立美術館)

 

IMG_2588IMG_2589

・中島

街の入り口となるような駅と一体的なペデストリアンデッキの提案です。歩行としての用途だけではなく、公共施設として使われる提案でもあります。

エスキス内容としては使われ方の具体的な話がないのでそこを詰めて欲しい。何にでも使われるという空間は良くない。多機能は無機能でもあるように読み取れてしまう。この提案のプレゼンテーションとしてアクティビティが分かるパースを複数枚必要。

 

IMG_2603 IMG_2604IMG_2605

・渡辺

 

IMG_2591IMG_2590

・甘利

 

ここから中間提出まで今回のエスキスでどこまで進化することができるのか楽しみです。

次回の中間提出は日程を変更して25日のクリスマスになりました。少し日程が延びた分クオリティの高い案を期待します。

TA:相川