関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材

(4)臨海地域での地中熱利用ヒートポンプシステム

2015年12月~2016年3月 冬期データ<環境・省エネ活動(4)>

  • Category: (4)臨海地域での地中熱利用ヒートポンプシステム
  • Posted by kgu9.
  • 2016/10/07

地中の温度は年間を通してあまり変動しないことが特徴です。図1に、地中熱と外気温度、放射空調システムに用いる地中採熱間内を流れる冷媒の温度を示します。緑色の線で表した外気温度が約2℃~35℃程度まで大きく変化をするのに対し、紫色の線で表した地中の温度は、夏も冬も20℃付近を前後していることがわかります。地中熱を利用した放射パネルによって暖められた学生ラウンジは、自然と人が集まる心地の良い空間になっています。

 

4-1 4-2 4-3

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募