関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材

建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材

建築・環境学部では、2014年6月に竣工した5号館(建築・環境棟)において、学生と教員が中心となり、快適な空間を創造する活動を行っています。この建物には、様々な環境共生技術が盛り組まれており、建物自体が学修教材です。この建物を用いて、建築・環境教育のアクティブ・ラーニングを促進しています。
建築・環境棟に取り入れられた様々な環境調整技術について、いつ、どのような操作を行うか、学生と教員が考え、省エネルギーについても考慮しながら行動しています。
さらに、自分たちで設定した環境が快適かどうかを確認するため、空気・熱・光環境などの環境実測も行っています。
ここでは、この建物を使って学生が行っている環境・省エネルギーと省資源を考えた総合的な学修活動を紹介していきます。

arch-env

建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材

(1)ダブルスキンと自然換気

南面と西面を繋いだL字型のダブルスキンとなっており、夏期には南面と西面の日射を利用して熱除去を促進し、冬期には断熱効果の向上に寄与しています。中間期には、自然風を室内に導き空気の流れを体感しながら、教育・研究を行います。

(2)天井放射空調と快適性

授業で使用するデザインスタジオ内の天井に、形状・設置方法の異なる放射パネルと冷温水コイルを配置し、学生が快適性や温熱感の違い等を体験することができます。熱環境や空調設備の学修の教材として活用しています。

(3)クール/ヒートチューブによる熱利用

地中熱を利用して外気を処理し、2~5階トイレへ給気し、共用空間の環境改善と自然換気のベストバランスを考えています。熱環境や空気環境の教育・研究にも活用しています。

(4)臨海地域での地中熱利用ヒートポンプシステム

地下水位の高い地中に熱交換パイプを通し、ヒートポンプ放射パネルと連動し、学生たちの集う学生ラウンジを快適な環境に保っています。

(5)大空間製図室と空調システム

ルーバー、ハイサイドライト等の建築手法とダクト空調、床置形ペリメータ空調、シーリングファンを組合わせ、季節や室利用状況に応じた室内環境を学修しながら設定できます。

(6)節水と雨水利用

地下ピットに雨水を貯留し、節水形トイレへの給水を行い、積極的な雨水利用を促進しています。このシステムは給排水衛生設備の学修にも活用しています。

(7)光環境と昼光利用

5号館室内の光環境について、実測を行い、データを日々の学修に使用しています。

(8)再生可能エネルギーの利用

5号館屋上東側に太陽光パネルを設置しました。電気設備の学修を充実させています。それ以外にも地中熱を冷暖房に活用しています。

(9)ZEBへの取り組み

学生たちが、中央監視装置で収集した屋外気象条件・室内要所の温湿度・設備機器等の温湿度データなどを解析し、エネルギーの運用に役立たせています。

(10)メンテナンスと維持管理

建物や建築設備のメンテナンスと維持管理の大切さを、学生たちが体験を通し学んでいます。設備リニューアル・保全の学習教材としても活用しています。

(11)総合的な建築・環境教育

環境・省エネルギー活動に関する教育を実際に測定したデータも利用しながら行っています。この建物を活用した環境・設備教育に関する勉強会や講演会の内容も紹介します。

(12)建築・環境教育や技術開発への様々な取り組み

関連施設の大沢記念建築設備工学研究所での研究・教育、教員や学生が共同で取り組んでいる建築・環境プロジェクトを紹介します。

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募